投資マンション等の不動産投資物件、太陽光発電、注文住宅、リフォーム等の解約

原則8日間は解約できます。また、クーリングオフ期間が過ぎている場合や注文住宅のようにクーリングオフに該当しない場合でも「強引な販売方法」など販売方法に問題がある場合には、消費者契約法などで解除が可能です。あきらめずにご相談ください!

 

例)

  • ・不動産投資としてマンション等の購入を勧められたが、実際には利回りが低かったり、不測の出費がかさんだりして、投資どころかマイナスになるケース。
  • ・不動産の交換を持ちかけ、物件の差額として300万円の差額を払ったが、そのまま相手方が音信不通になった(詐欺)。
  • ・価値の無い山林などの不動産を売りつける(原野商法)。
  • ・「太陽光発電(ソーラー発電)で長期安定した収益が見込める」と言われ購入した分譲型太陽光発電投資物件
  • ・「太陽光発電は環境に優しく、収入にもなりますよ」と言われ設置した自宅用太陽光発電システム。
  • ・特典や値引きの締め切りが迫っていると言って強引に注文住宅を契約させられた。
  • ・「お宅の屋根は放っておくと雨漏りを起こします。いま直さないと大変なことになりますよ!」といって、必要のない屋根工事を契約させられるケース
  • ・無料の床下点検と言いつつ「シロアリで床下の損傷が激しい」などと言って床下の回収をさせられるケース

このような例に当てはまる方はお急ぎでご連絡をください。解決のご協力が出来ると思います。また例以外のようなケースの方でも解決できることが沢山有りますのでまずはご相談ください。お電話でもメールでもお気軽にお問合せいただければ親切丁寧に返答させていただきます。お困りの方はぜひお気軽にお問合せください。