せどりの情報商材についての解約通知をお出ししました。

せどりの情報商材についての解約通知をお出ししました。せどりとは、もともと古本屋で中古の本を買い、それをさらに高値で売却する手法を言います。これをネットビジネスに応用したのが現代のせどり。例えばヤフオクなどで安く商品を買い、それをさらにネットオークションなどで高く販売し、利ザヤを稼ぐものです。聞いただけでも、面倒で難しいはず。。。また、必要資金も多いと思いますが。。。とある情報商材屋さんでは、だれでも簡単にできる!投資費用も必要なし!必要なのは情報商材を買ってそれに従ってせどりを一日数分間やるだけ。これだけでなんでも月間数百万円が稼げるとのこと。。。そんな夢のような話があったら私もやりたいです。ただ、現実は夢物語。。。稼げるどころか、やってもやってもお金にはならず、高い商材代金のローンが残るだけ。。。私も強く申し上げておりますが、情報商材には行政の許可制、または届け出制を設け、被害届のあったものには罰則などを与えるよう法改正が必要です。国会議員の先生方には、しっかりやってほしいです。弊所としても、国会へのロビー活動、陳情請願活動を進めてまいります。