キャッチセールスのクーリングオフをいたしました。

キャッチセールスのクーリングオフをいたしました。以前より下火になっていると思われるキャッチセールスですが、街中でのアンケートや視聴、試飲などの方式で契約をさせるものは結構あります。キャッチセールスで、高額な時計などの商品を購入させられることもあり、注意が必要です。しかし、契約解除は可能。ただ、「販売員が言い方だから忍びない。。」などと考えている方は多いようです。しかし、販売員は売ってなんぼ。消費者のローンを肩代わりしてくれるわけではありません。いらないものは契約解除。心を鬼にしてやるべきです。