家庭教師の解約をいたしました

家庭教師の解約をいたしました。家庭教師もものによりますが、特定継続的役務提供契約となり、クーリングオフの対象となります。また、これに付随して契約したテキストなどの物品販売ももちろん解約が可能。子どもの学力向上のため。。。と思いつつ、やはり後で後悔。。なんてときにもクーリングオフをご活用ください。