屋根工事のクーリングオフをいたしました。

屋根工事のクーリングオフをいたしました。こちらも訪問販売の王道「屋根工事」。点検商法と言いまして、「近くで工事をしているので、ちょっと屋根を見てたのですが、お宅の屋根、壊れてますよ!今修理しないと大変なことになりますよ!」などと言って不安にさせ、契約させる手口です。本当に屋根が壊れているかは、雨漏りの状況などでわかるはず。また、後日別の業者に見てもらってもいいわけで。突然来た業者に見せる必要性も、義理もありません。きっぱり断りましょう。ただ、お年寄りなどの場合、判断能力が衰えていたりで、だまされてしまうことも。クーリングオフは可能ですので、周りの気づきも重要です。週に何度かは実家に電話し、「なんか変な契約してないよね!」などと親にお話しすることもいいでしょう。リスク回避は、日ごろのコミュニケーションが重要なのかもしれません。