投資マンションのクーリングオフをいたしました。

投資マンション(区分所有)のクーリングオフをいたしました。最近、スルガ銀行問題で借り入れが厳しくなり、投資物件の販売が鈍化していると聞いていますが、一棟ものに比べ額の小さい区分所有はそれほどの影響を受けていないようです。今回の案件も利回りは約4%と将来、先行き不安大有りの投資物件。将来に爆弾を抱えることになるデンジャラス物件です。ではなぜ購入者は、買う羽目になったのか。。。どうも、戸別訪問や電話勧誘によるものがほとんど、少ないですが中には職場の先輩からの紹介というのもありました。投資物件は、最初はいいのですが、数年後、十数年後に家賃目減りリスクがあります。これは家賃保証の額が借り入れを下回ることがあるからです。そうしたリスクは購入時にあまり説明されておらず、年金として、将来の資産としてということばかりを強調して販売されているからでしょう。問題は根深いのです。本当の意味で消費者の立場に立った不動産投資。不動産投資に関するあり方が問われているように思います。